コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀江六之丞 ほりえ ろくのじょう

2件 の用語解説(堀江六之丞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀江六之丞 ほりえ-ろくのじょう

?-1741? 江戸時代中期の農民。
下野(しもつけ)(栃木県)足利郡の河内(かわち)丹南(たんなん)藩領板倉村の人。寛保(かんぽう)元年不作のため年貢減免をもとめて陣屋におしかけた村民らの説得にあたったが,藩に首謀者とみなされ,妻よねとともに処刑された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

堀江六之丞

没年:寛保1?(1741)
生年:生年不詳
江戸中期の百姓一揆の指導者。下野国(栃木県)足利郡丹南藩領板倉村の百姓。寛保1(1741)年の不作による年貢減免を求めた百姓ら50人が,丹南藩陣屋に押しかけた際,百姓らの説得に当たったが,藩から頭取とみなされ逮捕された。その妻よねは,無実を訴えて江戸表に直訴したが,六之丞,よね共に処刑された。一方,陣屋の代官も処罰され,年貢は軽減された。<参考文献>『近代足利市史』

(斎藤善之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀江六之丞の関連キーワード一揆百姓一揆磯部村清太夫神永市兵衛上吉影村藤衛門下佐谷村助六鈴木源之丞永田隆三郎深谷克己松平辰蔵

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone