コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖祖 セイソ

大辞林 第三版の解説

せいそ【聖祖】

天子の祖先。また、すぐれた祖先。
○ 清の第四代皇帝康熙帝の廟号びようごう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖祖
せいそ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の聖祖の言及

【康熙帝】より

…順治帝の第3子。名は玄燁(げんよう),廟号は聖祖,年号によって康熙帝とよばれる。清朝260年の基礎をきずきあげた点において,また満人出身であるにもかかわらず朱子学を信奉し,中国的皇帝の理想像に近づこうとつとめた点において,歴代王朝の数ある皇帝のなかでも名君の一人といわれる。…

※「聖祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

聖祖の関連キーワードジョーン・モド(昭莫多)大越(ベトナムの国号)ミンマン(明命)帝道教/道教の神々長生殿(戯曲)康熙帝・康煕帝ダドラン司教康熙・康煕蒙古大蔵経皇輿全覧図百科事典大南寔録査慎行国柱会康熙帝玄妙観蒋廷錫清実録天子康熙

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android