コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダブリット ダブリットdoublet

翻訳|doublet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダブリット
doublet

ダブレットともいう。またフランスではプールポアン pourpointという。 14世紀中期から 17世紀初期にかけて西ヨーロッパ男性の着用したウエストまでの上衣の総称。2重にされたものの意で,皮革や布地を2重にし,詰め物をしたり,キルティングを施したところからこの名がある。元来,鎧の下に着用された衣服が市民服化して,ぴったりした前開きの短上衣となった。 15~16世紀がその全盛期で,独特の下体衣トランクホーズの変化に伴い,詰め物によって極度に誇張され,またスラッシュで装飾が施された。 17世紀に入ってやや自然な外形を取戻したが,構成の基本は変らず,ウエスト線で切替え,その下方には短いスカートを縫合した。 16世紀にはこの上に,ジャーキンと呼ぶゆるやかな表衣を着ることもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダブリットの関連キーワードダブレット

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android