ダブリット(英語表記)doublet

翻訳|doublet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダブレットともいう。またフランスではプールポアン pourpointという。 14世紀中期から 17世紀初期にかけて西ヨーロッパ男性の着用したウエストまでの上衣の総称。2重にされたものの意で,皮革布地を2重にし,詰め物をしたり,キルティングを施したところからこの名がある。元来の下に着用された衣服が市民服化して,ぴったりした前開きの短上衣となった。 15~16世紀がその全盛期で,独特の下体衣トランクホーズの変化に伴い,詰め物によって極度に誇張され,またスラッシュで装飾が施された。 17世紀に入ってやや自然な外形を取戻したが,構成の基本は変らず,ウエスト線で切替え,その下方には短いスカートを縫合した。 16世紀にはこの上に,ジャーキンと呼ぶゆるやかな表衣を着ることもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android