コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマスカス門 ダマスカスモン

デジタル大辞泉の解説

ダマスカス‐もん【ダマスカス門】

Damascus Gateパレスチナ地方の古都エルサレムの旧市街(東エルサレム)にある城門の一つ。北西部中央に位置する。アラビア語名バーブアルアムード(「柱の門」の意)。ヘブライ語名でシェケム門と呼ばれ、その名称はパレスチナ自治区の都市ナーブルス(古代名シェケム)を通り、シリアのダマスカスと結ばれることに由来する。現在の門はオスマン帝国の、スレイマン1世の時代に建造された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ダマスカス門の関連キーワードゼデキアの洞窟スレイマンカルバリゴルゴタ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダマスカス門の関連情報