コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルベルジン・テペ Dal'verzin-Tepe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダルベルジン・テペ
Dal'verzin-Tepe

ウズベキスタンにあるクシャン時代の遺跡。 1960~68年に発掘。 1000m× 500mの城壁に囲まれ,発掘者の G.プチガチェンコワによると,前3~2世紀に形成され,7~8世紀に滅亡した。城壁址の北方 400mの地点で仏教寺院が発見された。天然の斜面を利用したもので,中央にストゥーパがあり,東側を除く三方が廊下に囲まれていた。中からは多くの仏像断片が発見された。また 72年秋には,商人の家らしい住居址の床下から重さ 35kgの黄金製品が発見された。クシャン時代の一領主の居城であったと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダルベルジン・テペの関連キーワードウズベキスタン中央アジア美術

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android