コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダン橄欖岩 ダンかんらんがんdunite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダン橄欖岩
ダンかんらんがん
dunite

ダナイトともいう。体積の 90%以上が橄欖石からできている黄緑色の橄欖岩。少量のクロム鉄鉱,頑火輝石,透輝石などを伴う。ニュージーランドのダン山にちなんで命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

ダン橄欖岩

ほとんど橄欖石からなる超マフィック質の岩石で,しばしばクロムスピネルを副成分鉱物として伴う[Hochstetter : 1859, Bell : 1911].国際地学連合火成岩分類委員会による一般的な火成岩分類では,橄欖石─斜方輝石─単斜輝石三角図,および橄欖石─輝石─角閃石三角図のいずれでも,橄欖石量が90%以上含まれるものとしている[Geotimes : 1972].ニュージーランド,ダン(Dun)山の地名による.Dunはdullのことで,のろい,にぶい,ぼんやりしたなどの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ダン橄欖岩の関連キーワード石榴石橄欖岩ピリカ遺跡ダナイト塩基性岩苦鉄質岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android