コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーウィン結節 ダーウィンけっせつ tuberculum Darwini

1件 の用語解説(ダーウィン結節の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダーウィンけっせつ【ダーウィン結節 tuberculum Darwini】

耳介の前,上,後縁にわたり大部分の輪郭の縁は,多少内方にまきこんでおり,耳輪と呼ばれる。耳輪の後上部のまきこんだ縁にときにみられるにぶい突起をダーウィン結節,あるいは耳介結節tuberculum auriculaeといい,小さな奇形と考えられている。まれには,この結節が貝殻状に突出しているマカクス耳Macacus earと呼ばれる奇形がある。サルの類では,耳介の遊離縁にはまきこみがなく,先端がとがっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダーウィン結節の関連キーワード耳介双鉤填墨描き友禅脚線暗闇細工大部分谷渡り中心線後縁クイラス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone