コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チアノーゼのいろいろ ちあのーぜのいろいろ

1件 の用語解説(チアノーゼのいろいろの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ちあのーぜのいろいろ【チアノーゼのいろいろ】

 血液に含まれる酸素の量が少なくなって、皮膚や粘膜(ねんまく)が暗紫青色(あんしせいしょく)を呈するのをチアノーゼといいます。くちびる、爪(つめ)、指先などで目立ちます。
 このチアノーゼには、心臓や肺の異常のためにおこる中枢性(ちゅうすうせい)チアノーゼと、末梢(まっしょう)(末端)の血管が収縮する(縮む)ためにおこる末梢性チアノーゼとがあります。
 子どものくちびるや爪にチアノーゼがみられたら、口の中を見て、舌(した)や口腔(こうくう)粘膜にチアノーゼがないかどうかチェックしてください。
 舌や口腔粘膜がピンク色をしていて、チアノーゼがなければくちびるや爪にみられるのは末梢性チアノーゼで心配なものではありません。チアノーゼのみられる部位を温めれば解消します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

チアノーゼのいろいろの関連キーワード事少な矢石血液ガス酸素解離曲線酸素負債食事窒素食事必要量食事標準ルート効果赤血球(RBC、赤血球数)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone