コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェーザ chaser

翻訳|chaser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェーザ
chaser

ねじを切るための工具の一種で,多山の刃物総称。数条のねじ溝断面形状をもつ工具で,一般におねじの加工に用いる。旋盤の刃物台に取付け,回転する工作物に押しつけながら送りを与える方法と,ダイヘッドという工具に取付ける方法 (ダイヘッドチェーザ) があり,後者がおねじの量産に広く使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チェーザの関連キーワードチェーザレ・ボルジア 野望の軌跡レオナルド・ダ・ビンチ(年譜)『へうげもの』と異色歴史マンガチェーザレ 破壊の創造者ビットリオ デ・シーカルクレツィア ボルジアアレクサンデル(6世)メディナ・デル・カンポアレクサンデル[6世]ジュリアス・シーザーチェーザレ・ボルジャサンタクローチェ聖堂チェザレ・ボルジャモンテフェルトロ家ユリウス(2世)ネオレアリズモ11月18日マキャベッリ11月27日月とかがり火

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android