コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チエンセーン王国 チエンセーンおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

チエンセーンおうこく【チエンセーン王国】

タイ北端のチエンセーンChiang Saenを都として11世紀ころから栄えたタイ族の王国。その歴史についてはあまりにも不明な点が多い。チエンセーンは1296年にラーンナータイ王国のマンライ王が都をチエンマイに移すまで,タイ北端の重要な都市であった。都跡にはいくつかの仏寺,仏塔が残り,チエンセーン様式と称される仏像が出土,発見されている。仏像の特徴は,頭上に蓮華のつぼみ状の宝珠をのせ,胸がライオンの胸のようにふくらんで厚く,降魔印(ごうまいん)をとり,結跏趺坐する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

チエンセーン王国の関連キーワードCMIバーンチェーン遺跡バンチアン遺跡シイルン岩バン-チアンの古代遺跡チャンダオの象の学校メンライ王像ワットプラシン〈チェンライ〉

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android