コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チエンセーン王国 チエンセーンおうこく

1件 の用語解説(チエンセーン王国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チエンセーンおうこく【チエンセーン王国】

タイ北端のチエンセーンChiang Saenを都として11世紀ころから栄えたタイ族の王国。その歴史についてはあまりにも不明な点が多い。チエンセーンは1296年にラーンナータイ王国のマンライ王が都をチエンマイに移すまで,タイ北端の重要な都市であった。都跡にはいくつかの仏寺,仏塔が残り,チエンセーン様式と称される仏像が出土,発見されている。仏像の特徴は,頭上に蓮華のつぼみ状の宝珠をのせ,胸がライオンの胸のようにふくらんで厚く,降魔印(ごうまいん)をとり,結跏趺坐する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

チエンセーン王国の関連キーワードシイルン岩メンライ王像

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone