コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チエンセーン王国 チエンセーンおうこく

1件 の用語解説(チエンセーン王国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チエンセーンおうこく【チエンセーン王国】

タイ北端のチエンセーンChiang Saenを都として11世紀ころから栄えたタイ族の王国。その歴史についてはあまりにも不明な点が多い。チエンセーンは1296年にラーンナータイ王国のマンライ王が都をチエンマイに移すまで,タイ北端の重要な都市であった。都跡にはいくつかの仏寺,仏塔が残り,チエンセーン様式と称される仏像が出土,発見されている。仏像の特徴は,頭上に蓮華のつぼみ状の宝珠をのせ,胸がライオンの胸のようにふくらんで厚く,降魔印(ごうまいん)をとり,結跏趺坐する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チエンセーン王国の関連キーワード大朴園千枝センセーションワゴンセールキャノチエサーチエンジン対策サンテチエンヌサンテチエンヌ大聖堂オリエンタルチエン工業メーンセールメンスル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone