コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チエンナン(黔南)プイ(布依)族ミヤオ(苗)族自治州 チエンナンプイぞくミヤオぞくQiannan Buyizu Miaozu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チエンナン(黔南)プイ(布依)族ミヤオ(苗)族〔自治州〕
チエンナンプイぞくミヤオぞく
Qiannan Buyizu Miaozu

中国西南地方,クイチョウ (貴州) 省中部の自治州。行政中心地のトーユン市と 10県,1自治県から成る。ミヤオリン (苗嶺) 山地にあり,山間に盆地が発達している。カルスト地帯なので,川は伏流するものも多い。盆地は人口密度の大きい農業地域で,水稲,トウモロコシ,コムギ,サツマイモ,サトウキビ,タバコ,カラムシ,アブラナなどを栽培する。特にタバコは優良種として知られる。山地では杉材,桐油などを産する。地下資源はトーユン市に赤鉄鉱と石炭,南東部のサントー (三都) スイ (水) 族自治県にアンチモン,水銀,銅,鉛,亜鉛,金がある。工業はトーユン市に集中。シヤンチエン (湘黔) 鉄道,チエンクイ (黔貴) 鉄道が通る。人口 328万 7565 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android