スイ(英語表記)Vellitor centropomus

  • spoonbill sculpin
  • すい / 須伊

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサゴ目カジカ科。体長約 12cmになる。体は他のカジカ類と異なり,著しく扁する。頭部は細長く扁し,吻は長くとがる。尾柄部は著しく細長い。頭部の背面にとげや皮弁はない。体色は茶褐色から緑色まで変異が多い。沿岸藻場に棲息する。東北地方から対馬,朝鮮半島南部まで分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱スズキ目カジカ科に属する海水魚。九州北西部から東北地方の日本海側、和歌山県から東北地方の太平洋側、山口県瀬戸内海沿岸、朝鮮半島の南部に分布する。体は側扁(そくへん)するが、頭は細長くて縦扁する。吻(ふん)は長くてとがり、尾柄(びへい)は細長い。体には鱗(うろこ)がない。頭にはまったく皮弁がない。第1背びれ棘(きょく)条は細長くて弱く、雄では著しく長い。尾びれの後縁は深く湾入する。雄は大きな生殖突起をもつ。体は青みがかった褐色で、濃青黒色点が散在する。沿岸の藻場(もば)にすみ、小形の甲殻類を食べる。体長15センチメートルぐらいになる。ヒメスイとは第2背びれ軟条は20本以下であること、胸びれ軟条は16本以下であること、および胸びれの後端は臀(しり)びれ始部を越えることなどで区別できる。食用にしない。

[尼岡邦夫]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スイの関連情報