コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チオエーテル チオエーテル thioether

4件 の用語解説(チオエーテルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チオエーテル
チオエーテル
thioether

エーテルの酸素原子を硫黄原子で置換した構造をもち,一般式 R-S-R' で示される化合物の総称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チオエーテル

正式にはスルフィドとよぶ。エーテルの酸素原子の代りに硫黄原子の入った化合物R−S−R′をいう。メチルエチルスルフィド(メチルエチルチオエーテル)CH3SC2H5はその一例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チオエーテル【thioether】

2価の硫黄原子に炭化水素基が結合した形の有機化合物R-S-R′。エーテルの酸素原子の代りに硫黄原子が入った構造であることから,チオエーテルと総称されるが,個々の化合物はメチルフェニルスルフィドCH3SC6H5,ジメチルスルフィドCH3SCH3などのように二つの炭化水素基名を冠してスルフィドsulfideと命名される。一般に無色の液体で,特有の臭いをもつ。たとえば,ニンニク,ニラ,タマネギなどの臭気成分にはジアリルスルフィド(CH2=CH-CH2-)2Sが含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チオエーテル
ちおえーてる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チオエーテルの関連キーワードアミンケテンアリルカルボニル不飽和炭化水素エーテル結合アリール炭化水素基チオールSアデノシルメチオニン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone