コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チオペンタールナトリウム thiopental natrium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チオペンタールナトリウム
thiopental natrium

催眠剤であるバルビツル酸の尿素をチオ尿素で置換した化合物をチオバルビツル酸と呼ぶが,この誘導体の一つであるチオペンタールのナトリウム塩である。静脈内に注射するとその催眠作用の発現がきわめて速く,持続時間も非常に短いので,短時間の手術の際の全身麻酔,または基礎麻酔や麻酔の前投薬に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android