チシマウガラス

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チシマウガラス
ちしまうがらす / 千島鵜烏
red-faced cormorant
[学]Phalacrocorax urile

鳥綱ペリカン目ウ科の海鳥。全長84センチメートルの大形種。ベーリング海、オホーツク海沿岸域にすみ、島や海岸の断崖(だんがい)で営巣。繁殖期には頭部の裸出部が赤くなり、二つの冠羽が出る。[長谷川博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチシマウガラスの言及

【ウ(鵜)】より

…なお,中国の鵜飼いはカワウを使っている。ヒメウP.pelagicus(イラスト)とチシマウガラスP.urileはともに北太平洋沿岸がおもな繁殖地で,日本ではヒメウが北海道,東北地方北部,九州北部で,チシマウガラスが北海道東部の海岸や島で繁殖している。ウの仲間は集団繁殖し,巣は崖や島の平らなところ,水辺の樹上につくられる。…

※「チシマウガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チシマウガラスの関連情報