コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ウ

6件 の用語解説(うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

う[五十音]

五十音図ア行の第3音。五母音の一。後舌の閉母音。[u]
平仮名「う」は「宇」の草体から。片仮名「ウ」は「宇」の冠から。
[補説]五十音図ワ行の第3音としても重出。

う[助動]

[助動][○|○|う|(う)|○|○]《推量の助動詞「む」の音変化》現代語では、五段活用動詞、形容詞、形容動詞、助動詞「たい」「ない」「だ」「です」「ます」「た」「ようだ」「そうだ」などの未然形に付く。
話し手の意志・決意を表す。「よし、君が来るまで待と
「神崎(かんざき)の渡し守が秀句にすいた程に教へてやら」〈虎明狂・薩摩守
相手に対する勧誘や婉曲(えんきょく)な命令の意を表す。「日が暮れないうちに帰ろ」「そろそろ仕事にかかろじゃないか」
話し手の推量・想像の意を表す。「この仕事がかたづくのは夕方になろ
「一段とよから」〈虎明狂・仏師
当然・適当の意を表す。「必要の品なら注文してよかろ
(接続助詞「と」「が」などを伴って)仮定の意を表す。「だれがなんと言おと気にしない」「たいへんだろが、がんばってくれ」
仮想の意を表す。「なろことなら、私が身代わりになりたい」
実現の可能性がある意を表す。「足の遅い彼が一着になろはずがない」→よう
[補説]「う」は中世前期「む」から転じて生じ、古くは「む」と同じく、すべての活用語の未然形に付いた。現代語では、3の場合、「今夜は雨が降るだろう(でしょう)」のように「だろう(でしょう)」を用いるのが普通で、他は「ましょう」の形か、改まった表現の中でしか用いられない。なお、連体形は、67のように形式名詞「こと」「もの」「はず」などに接する場合に限って用いられ、主観的な情意を表現する終止形に比し、客観性のある表現となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

五十音図ア行第三段の仮名。五十音図ワ行第三段の仮名としても重出。後舌の狭閉母音。
平仮名「う」は「宇」の草体。片仮名「ウ」は「宇」の冠。

( 助動 ) ( ○ ・○ ・う ・ (う) ・○ ・○ )
〔推量の助動詞。推量の助動詞「む」の転。中世前期以降の語。現代語では連体形は用法がきわめて限定され、普通の話し言葉には用いない〕
五段・ラ変の動詞、形容詞、形容動詞および助動詞「ます」「です」「た」「たい」「ない」「だ」「ようだ」などの未然形に接続する。
話し手の意志・決意を表す。…しよう。 「明日はきっと行こ」 「忘れてしまお
勧誘や婉曲な命令を表す。下に「か」「じゃないか」などが付いて、意味を強めることがある。…しよう。 「早く行こ」 「一緒に飯でも食おか」 「静かに聞こじゃないか」
話し手の推量や想像を表す。また、婉曲表現をつくる。…だろう。 「家では心配しているだろ」 「あそこは便利だろ」 「腹も立とが許してくれ」
疑問を表す語を伴って疑問・質問・反語などを表す。 「どこから来たのでしょ」 「春が来ても何がうれしかろか」
当然・適当の意を表す。…のはずだ。…して当然だ。…のがよい。 「行くが良かろ
(「うとする」の形で)それが実現する直前であることを表す。 「叫ぼとして目が覚めた」 「まさに沈もとする夕日」
(連体形を用いて)仮想の意を表す。 「笑おにも笑えない」 「大学生ともあろ者がそんな漢字も書けないのか」

( 接尾 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第1行第3段の仮名。平仮名の「う」は「宇」の草体から、片仮名の「ウ」は「宇」の冠(かんむり)から変化してできたものである。万葉仮名では「于、汗、有、宇、烏、羽(以上音仮名)、卯、兎、莵、得(以上訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(有)」「(雲)」「(憂)」「(羽)」「(于)」などがある。
 音韻的には5母音の一つ/u/にあたる。近畿方言などの[u]は唇を丸める奥舌母音であるが、東京方言などでは唇を丸めずかなり前寄りの母音であるから、[m]で表すのが適当である。「う」の仮名は、ウ段やオ段の長音の引き音節部分(「食う」「けんきゅう(研究)」「書こう」「とうきょう(東京)」)にも、また外国語を「ウィンドー」「ウェスト」「ウォーム」のように表記する場合にも用いられる。[上野和昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うの関連キーワードかりこすざあますでえすでげすふうですべかしましじみたいですらゆ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

うの関連情報