チシマツガザクラ(英語表記)Bryanthus gmelinii D.Don

世界大百科事典 第2版の解説

チシマツガザクラ【Bryanthus gmelinii D.Don】

高山の雪渓のわきの岩上などに生えるツツジ科の常緑矮小(わいしよう)低木(イラスト)。1属1種の特殊な植物である。はよく分枝して地をはい,マット状となる。葉は線形で長さ3~4mm,幅1mm,裏面には縁に平行なひだ状のがあり,横断面は筒状に見える。7~8月,枝先に花茎を伸ばし,上部に2~10個の淡紅色の花をつける。花は4数性で萼片は4裂,花冠は皿状に広がり基部まで4裂し,径5~6mm。おしべは8本。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android