コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチイロウスヒラムシ チチイロウスヒラムシNotoplana japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チチイロウスヒラムシ
Notoplana japonica

扁形動物門渦虫綱多岐腸目ヤワヒラムシ科。体は体長 3cm,体幅 0.6cm内外で細長く,前端が丸みを帯び,後端がやや細くなる。背面は乳白色にやや褐色を帯び,正中線と触角付近は桃色である。体の前方に1対の非常に小さい触角があり,それぞれの基部に約 10個の単眼が並んでいる。咽頭鞘の両側には子宮が白い筋になって見える。相模湾沿岸で岩礁の間の砂浜にやや深く埋っている石の下側にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のチチイロウスヒラムシの言及

【ヒラムシ(平虫)】より

…イイジマヒラムシStylochus ijimaiやフロリダ産のS.frontalisはカキを好んで食べるので養殖ガキに大きな被害を与える。 潮間帯でふつうに見られるヒラムシ類にはツノヒラムシPlanocera reticulata(イラスト),ウスヒラムシNotoplana humilis(イラスト),チチイロウスヒラムシN.japonica,カリオヒラムシCallioplana marginataなどがある。浮遊生活するのはオキヒラムシPlanocera pellucidaで,太平洋,大西洋,インド洋などに分布する。…

※「チチイロウスヒラムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android