チチッパベンケイ(読み)ちちっぱべんけい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チチッパベンケイ
ちちっぱべんけい
[学] Hylotelephium sordidum (Maxim.) H.Ohba

ベンケイソウ科(APG分類:ベンケイソウ科)の多年草。茎は斜め上に伸び、長さ20~30センチメートル。葉はまばらに互生(まれに対生)し、卵形あるいは卵円形、長さ3~5センチメートル、汚紅色。花は9~10月に開き、淡黄緑色、5数性で、径約1センチメートル。中部地方以北の本州に分布し、普通は山地の岩上に生え、多雪地帯に多い。

[大場秀章 2020年3月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android