コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チトクロムオキシダーゼ チトクロムオキシダーゼcytochrome oxidase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チトクロムオキシダーゼ
cytochrome oxidase

呼吸の電子伝達系の末端にあって,チトクロムcの還元型を分子状酸素で酸化する酵素。それゆえ正しくはチトクロムcオキシダーゼと呼ぶ。本体はやはりヘム蛋白質で,チトクロムの一種であり,チトクロム (a+ a3 ) と表示される。すなわち各1個のヘムをもつ6個のサブユニットから構成されていて,作用時に,その一部分はa,一部分は自動酸化性をもつ a3 と呼ばれる型として存在するのである。青酸や一酸化炭素で強く阻害される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チトクロムオキシダーゼの関連キーワードチトクロム酸化酵素酸化還元酵素青酸中毒生物電池酸化酵素ヘミンA3

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android