コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チビガ チビガ Stigmellidae

2件 の用語解説(チビガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チビガ
チビガ
Stigmellidae

鱗翅目チビガ科の昆虫の総称。幼虫の大半が潜葉性のガで,モグリチビガ (潜矮蛾) ともいう。前翅の開張幅 5mm前後の微小な種がほとんどで,開張幅 2mm内外の鱗翅目中の最小種を含む。頭部に立毛が粗く生え,触角はやや太く短い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チビガ
ちびが

昆虫綱鱗翅(りんし)目チビガ科Bucculatrigidaeの昆虫の総称。はねの開張6~8ミリメートルの小形の種類を含む科で、はねはごく細長く、後翅は紐(ひも)状、長い縁毛が生えている。幼虫は、1、2齢の間は葉の中に潜り、曲がりくねった潜孔をつくるが、2齢の終わりに潜孔から出て、葉面に扁平(へんぺい)な薄い繭を紡ぎ、その中で脱皮する。3、4齢の幼虫は、葉面にいて、葉の表面付近を食べる。繭は細長い舟底形で、表面に数本の隆起線がある。日本には、研究が進んでいないため2種しか知られていないが、将来は数種類は発見されるものと考えられる。学者によっては、チビガ科をハモグリガ科Lyonetiidaeの一部とみなすこともある。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チビガの関連キーワード毛虫蝙蝠蛾尺蛾毒蛾虎蛾豹紋蝶吊虻広頭小蛾シャクガ(尺蛾)メイガ(螟蛾)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone