コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャイタニヤ派 チャイタニヤは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャイタニヤ派
チャイタニヤは

ヒンドゥー教ビシュヌ派の一派,16世紀初頭に創始された。派祖はチャイタニヤ。彼はベンガル地方でクリシュナ・ラーダー崇拝の宗教運動を起し,愛の精神を強調した。また彼自身は著書を残さなかったが,その弟子のルーパサナータナとが教学を組織した。この宗派は民衆的で奉仕の実践を尊ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のチャイタニヤ派の言及

【チャイタニヤ】より

…ヒンドゥー教チャイタニヤ派の開祖。ベンガル州ナバドビーパの出身。…

※「チャイタニヤ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャイタニヤ派の関連キーワードハレー・クリシュナナバドウィープヒンドゥー教バーガバタ派

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android