コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャド語派 チャドごは Chad languages

2件 の用語解説(チャド語派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャド語派
チャドごは
Chad languages

アフリカのナイジェリア北部とその周辺の地域で話される諸言語。アフロ=アジア語族の一語派で,ハウサ語が最も重要な言語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャド語派
ちゃどごは
Chadic

ハム・セム語族(アフロ・アジア語族)を構成する語派の一つで、西アフリカチャド湖周辺の一群の言語をさす。ナイジェリア、ニジェールカメルーンチャドにわたって分布する100以上の言語が含まれるが、そのうち最大の母語人口(1000万人以上)をもつハウサ語は一種の共通語・交易語としてさらに広い通用領域がみられる。その他の言語は多くても10万人程度の話し手しかもたず(ナイジェリアのアンガス語Angas、ブラ語Bura、カメルーンのマタカム語Matakamなど)、大多数はきわめて少数の母語人口を有するのみである。[柘植洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチャド語派の言及

【アフリカ】より

…なお,ソマリア全土で話されているソマリ語は現在ではローマ字表記が使用されている。(5)チャド語派Chadic 黒人アフリカを代表すると言われる二大言語の一つで,ハウサ語Hausaが属している語派である(もう一つの大言語は東アフリカのスワヒリ語)。ハウサ語以外には100を超す小言語がチャド語派に属するが,チャド,ニジェール,ナイジェリアの一部で話されているこれらの言語は非常に小さいものである。…

※「チャド語派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャド語派の関連キーワードアルジェリアイボ族ナイジェリアニジェールハウサ語ビアフラ名もなきアフリカの地でアフリカの音ベヌエ[川]カツィナ