チャド語派(読み)チャドごは(英語表記)Chad languages

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャド語派
ちゃどごは
Chadic

ハム・セム語族(アフロ・アジア語族)を構成する語派の一つで、西アフリカのチャド湖周辺の一群の言語をさす。ナイジェリア、ニジェール、カメルーン、チャドにわたって分布する100以上の言語が含まれるが、そのうち最大の母語人口(1000万人以上)をもつハウサ語は一種の共通語・交易語としてさらに広い通用領域がみられる。その他の言語は多くても10万人程度の話し手しかもたず(ナイジェリアのアンガス語Angas、ブラ語Bura、カメルーンのマタカム語Matakamなど)、大多数はきわめて少数の母語人口を有するのみである。[柘植洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチャド語派の言及

【アフリカ】より

…なお,ソマリア全土で話されているソマリ語は現在ではローマ字表記が使用されている。(5)チャド語派Chadic 黒人アフリカを代表すると言われる二大言語の一つで,ハウサ語Hausaが属している語派である(もう一つの大言語は東アフリカのスワヒリ語)。ハウサ語以外には100を超す小言語がチャド語派に属するが,チャド,ニジェール,ナイジェリアの一部で話されているこれらの言語は非常に小さいものである。…

※「チャド語派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android