コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャハールバーグ神学校 チャハールバーグシンガッコウ

デジタル大辞泉の解説

チャハールバーグ‐しんがっこう〔‐シンガクカウ〕【チャハールバーグ神学校】

Madrase-ye Chahār-Bāgh》イラン中部の都市イスファハーンにあるイスラム教神学校。18世紀初め、サファビー朝時代に創設。青を基調とするタイルで装飾されたドームと2本の尖塔、および四つのイーワーン(三方を壁で囲まれた門のような形をしたホール)があり、隊商宿(現在はホテル)を併設する。マドラセイェチャハールバーグ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

チャハールバーグ神学校の関連キーワードハーン神学校アンマンニザーミー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone