コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャムド(昌都)地区 チャムドQabdo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャムド(昌都)〔地区〕
チャムド
Qabdo

中国西南地方,チベット (西蔵) 自治区東部の地区。行政中心地のあるチャムド県など 11県から成る。チベット高原の南東端にあり,標高 4000~5000mの山嶺の間をチンシャー (金沙) ,ランツァン (瀾滄) 江,ヌー (怒) 江が深い峡谷を刻んで南流している。谷に沿ってインドのアッサム地方から高温多湿な空気が流入するために,森林が繁茂する。谷底では農業が盛んで,ハダカムギのほか水稲,コムギ作付けがふえている。マルツァラ (馬査拉) では標高 5000mの地点に炭鉱が開発された。ラサ (拉薩) 市からスーチョワン (四川) 省,ユンナン (雲南) 省に通じる道路が通っている。人口 50万 162 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チャムド(昌都)地区の関連キーワードジョムダ(江達)県マルカム(芒康)県

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android