コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンデッラ朝 チャンデッラちょう Chandella

1件 の用語解説(チャンデッラ朝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チャンデッラちょう【チャンデッラ朝 Chandella】

中央インドの王朝。チャンデーラ朝とも呼ばれる。10世紀ブンデールカンド地方(当時のジェージャーカ・ブクティ)に興り,プラティーハーラ朝に服属したが,その衰退にともない,10世紀末に独立して北インドの有力な王朝となった。都のカジュラーホ(古名カジェーラーハ)にこの王朝によって多数の寺院が建立され,約20の寺院が現存している。11世紀前半が王朝の最盛期で,ラクシュマナ寺院ビシュバナータ寺院,カンダーリヤ・マハーデーバ寺院はこのときの建立である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャンデッラ朝の関連キーワードカジュラーホチャンドラグプタ奴隷王朝ヘースティングズキャンデーシャンデルナゴルバーラトクシャーナ朝キャンディーランド

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone