チャンデッラ朝(読み)チャンデッラちょう(英語表記)Chandella

世界大百科事典 第2版「チャンデッラ朝」の解説

チャンデッラちょう【チャンデッラ朝 Chandella】

中央インドの王朝チャンデーラ朝とも呼ばれる。10世紀ブンデールカンド地方(当時のジェージャーカ・ブクティ)に興り,プラティーハーラ朝に服属したが,その衰退にともない,10世紀末に独立して北インドの有力な王朝となった。都のカジュラーホ(古名カジェーラーハ)にこの王朝によって多数の寺院建立され,約20の寺院が現存している。11世紀前半が王朝の最盛期で,ラクシュマナ寺院,ビシュバナータ寺院,カンダーリヤ・マハーデーバ寺院はこのときの建立である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android