コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャン・カイン Tran Canh

世界大百科事典 第2版の解説

チャン・カイン【Tran Canh】

1218‐77
ベトナムのチャン()朝の太宗。在位1225‐58年。リ(李)朝恵宗の外戚,輔国太尉チャン・トア(陳承)の次子。リ朝の衰退に乗じて勢力を得たチャン・トアの弟チャン・トゥ・ド(陳守度)の策謀によって即位し,リ朝に代わってチャン朝を開いた。チャン・トゥ・ドは殿前指揮使として禁軍を掌握した後,恵宗に迫って位を6歳の次女昭聖公主に譲らせ,即位して昭皇となった幼女に同年の甥カインを祗侯正として入侍させた。そして昭皇が戯れにカインに檳榔巾(びんろうきん)を投げ与えたのを口実に二人を結婚させ,次いで昭皇に譲位の詔を発布させてカインを帝位に就けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のチャン・カインの言及

【リ朝】より

…1224年,チャン・トゥ・ドTran Thu Do(陳守度。1193‐1264)は8代フエトン(恵宗)に強請してその次女チエウホアン(昭皇)に譲位させ,彼女を自分のおいのチャン・カインTran Canh(陳煚(ちんけい))に嫁がせてリ朝を滅ぼした。 リ朝は中央に太師,太傅,太保,左右参知政事などの諸官を置き,地方に路・府・州制を敷き,戸籍・軍制を組織したと記録される。…

【リ朝】より

…1224年,チャン・トゥ・ドTran Thu Do(陳守度。1193‐1264)は8代フエトン(恵宗)に強請してその次女チエウホアン(昭皇)に譲位させ,彼女を自分のおいのチャン・カインTran Canh(陳煚(ちんけい))に嫁がせてリ朝を滅ぼした。 リ朝は中央に太師,太傅,太保,左右参知政事などの諸官を置き,地方に路・府・州制を敷き,戸籍・軍制を組織したと記録される。…

※「チャン・カイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャン・カインの関連キーワード陳朝

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android