コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーヤーナータカ Chayanataka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャーヤーナータカ
Chayanataka

インドの影絵人形芝居 (影絵芝居 ) 。人形は,彫刻・壁画・絵画などにみられる神々や人物の像を模して作られる。素材としてはヒンドゥー教信仰から牛皮が避けられ,おもに山羊や鹿の皮が用いられる。大きさ,形態は地方によって異なる。南西部のカルナータカでは大きさ約 1.5m,色彩が施される。東部のオリッサでは山羊皮製の,大きさ約 60cm,黒色の人形を用いる。南部のケララでは,小さな黒い人形で『ラーマーヤナ』を上演。南東部のアンドラプラデーシュでは山羊あるいは鹿の皮に色彩を施し,大きさは 20cmから等身大までと多様である。宗教的な祝祭で上演され,上演前に2人の巡礼者が物語のあらすじを語るのが特徴。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android