チャールズ ジェンクス(英語表記)Charles Jencks

現代外国人名録2012の解説

チャールズ ジェンクス
Charles Jencks


国籍
米国

専門
建築評論家

本名
Charles Alexander Jencks

生年月日
1939

出生地
米国 メリーランド州ボルティモア

学歴
ハーバード大学(英文学,建築学)

学位
博士号(ロンドン大学)

経歴
“ポスト・モダン”という術語を建築の分野で初め定義づけ、その後“ポスト・モダン”“ポスト・モダニズム”は世界中の批評家、芸術家、学者によって使用されるようになった。また近代建築の解体、建築言語の自由化など今日の建築デザイン思潮を導く影響力を持つ。カリフォルニア大学客員教授のほか欧米の多くの大学で講義を行い、出版や放送でも活躍。のちロンドンのAAスクールで教鞭を執る。著書に「建築2000」(1971年)、「ル・コルビュジェ」(’74年)、「ニューモダン・アーキテクチャー」(’90年)、「複雑系の建築言語」(’95年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android