チャールズ・マーティン ホール(英語表記)Charles Martin Hall

20世紀西洋人名事典の解説

チャールズ・マーティン ホール
Charles Martin Hall


1863.12.6 - 1914.12.27
米国の化学者。
オハイオ州トンプトン生まれ。
オバーリン大学在学中にジューエット教授の示唆によって、アルミニウムの製法についての実験を開始。1886年溶融解水晶石にアルミナを溶解させ、金属アルミニウムをつくることに成功する。この発明は彼と生没年が全く同じフランスのエルーが同様の成功を収めていたので、ホール・エルー法と呼ばれる。1888年にはピッツバーグ還元会社を設立、アルミニウムの生産を開始し、今日のアルミニウム工業の基礎を築く。生涯独身であったので母校オバーリン大学に300万ドルを寄贈、また、彼が自分で作ったアルミニウムのボタンは現在アメリア・アルミニウム会社に保存されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

チャールズ・マーティン ホール

生年月日:1863年12月6日
アメリカの化学者,冶金学者
1914年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android