チュクチ半島(読み)チュクチはんとう(英語表記)Chukotskii poluostrov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュクチ半島
チュクチはんとう
Chukotskii poluostrov

ロシア北東部,チュクチ自治管区にある半島。ロシアの北東端をなす半島で,南東方向に約 400km突出し,チュクチ海とベーリング海を分け,ベーリング海峡をへだてて北アメリカ大陸に相対する。北部のチュクチ海沿岸には低地が広がるが,南部と東部は標高 400~500mの山地,高原地帯となっていて,最高点は 1158mに達する。海岸線は屈曲に富む。大部分がツンドラ地帯に入り,スズ,タングステン,金などの埋蔵が知られているが未開発である。北東端のデジニョフ岬はユーラシア大陸の最東端である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のチュクチ半島の言及

【チュコート半島】より

…アジア大陸の東端をなす半島で,太平洋と北極海の一部であるチュコート海を分ける。チュクチ半島とも呼ばれ,ロシア連邦チュコート自治管区に属する。東に突出した先端はデジニョフ岬で,ベーリング海峡をへだててアラスカと向き合う。…

※「チュクチ半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android