コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューチョウ(滁州)市 チューチョウChuzhou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューチョウ(滁州)〔市〕
チューチョウ
Chuzhou

中国華東地方,アンホイ (安徽) 省東部の市。チューシエン (滁県) 地区の行政中心地がある。丘陵性のチャンパーリン (張八嶺) 山地にあり,政庁のある城関鎮はチャン (長) 江の支流チュー河の支流にのぞむ。漢代に開け,隋以後は長く 滁州の州治であった。チンフー (京滬) 鉄道が通る。イネ,コムギカラムシ,ワタ,タバコ,アブラナを主作物とした農業が盛ん。また銅が埋蔵されている。農機具,綿紡織などの工業が興っている。北宋の文人欧陽修が知事として滞在した地で,南西部に『酔翁亭記』で知られる景勝のランイエ山がある。山内には欧陽修記念館があり,行楽地となっている。人口 41万 6926 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チューチョウ(滁州)市の関連キーワードチューシエン(滁県)地区

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android