コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュービュリン チュービュリンtubulin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュービュリン
tubulin

細胞内のものの動きに関与する微小管 (ミクロチューブル) の構成蛋白質をチュービュリンという。分子量 5.5万であり,約 13個が円環状に結合し,これがさらに積重なって微小管となる。原生動物の繊毛,精子の鞭毛,その他各種動物細胞からも単離されている。コルヒチンで細胞分裂の際の染色体の動きが止るのは,この薬物が紡錘糸を構成するチュービュリンに結合するためと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チュービュリンの関連キーワード紡錘体双星

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android