コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウジザクラ(丁子桜) チョウジザクラPrunus apetala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウジザクラ(丁子桜)
チョウジザクラ
Prunus apetala

バラ科の落葉小高木。メジロザクラともいう。本州と九州の山地に生える。葉は小型で長さ5~7cm,倒卵形で上部は幅が広く,先端は尾のように伸びる。葉縁には欠刻状の重鋸歯が目立つ。密腺は葉柄上になく,葉身の基部につく点も他の多くのサクラ類とは異なる。早春に,葉の出る前に開花し,散形花序をなして2~3個ずつ小さな花をつける。花弁は萼に比べて非常に小型で淡紅色を帯びる。和名は花の形が香料にするチョウジに似ていることによる。なお,本州中部以北の山地に生じ,葉の鋸歯が特に著しいものをオクチョウジザクラ P. apetala var. pilosaという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android