コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チーズケーキ チーズケーキcheesecake

翻訳|cheesecake

3件 の用語解説(チーズケーキの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チーズケーキ(cheesecake)

クリームチーズ・カテージチーズなどを用いて作った洋菓子

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

チーズケーキ【cheese cake】

チーズを主材料にしたケーキパイ生地を型に敷きクリームチーズカッテージチーズなどで作ったクリームを詰めて焼くベイクドチーズケーキや、クリームチーズに生クリーム・砂糖などを混ぜ合わせてゼラチンで固めて作るレアチーズケーキ、泡立てた卵白を加えて作るスフレタイプのチーズケーキなどがある。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

チーズケーキ【cheesecake】

チーズを用いて作ったケーキの総称。焼いて作るベークド-チーズケーキと、チーズを生のまま用いるレア-チーズケーキがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のチーズケーキの言及

【チーズ】より

…野菜や肉にはさんで揚げるなどの料理も多く,ソースに用いることもある。菓子にもいろいろ使われるが,代表的なのはチーズケーキで,小麦粉,牛乳,鶏卵,生クリームなどとともにカテージチーズを使い,オーブンでふっくらと焼き上げる。【橋本 寿子】。…

【洋菓子】より

… ローマ時代の前2世紀ころには職業としての菓子屋が生まれていたという。〈ドゥルキアリウスdulciarius〉というチーズや生クリームを用いた菓子,はちみつ入りのクッキー,はちみつとヤギ乳のチーズを使った〈プラケンタplacenta〉,チーズケーキの一種である〈リブムlibum〉などが作られていた。また,ローマ末期には手のこんだレリーフ模様のある菓子型も利用され,今日の〈クグロフ〉(レーズンをまぜた発酵生地を王冠形の型に入れて焼いたケーキ)に似た形の菓子もあった。…

※「チーズケーキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チーズケーキの関連情報