コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェレ市庁舎 ツェレしちょうしゃ

1件 の用語解説(ツェレ市庁舎の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ツェレしちょうしゃ【ツェレ市庁舎】

ドイツ北部、リューベック(Lübeck)やハノーバー(Hannover)近郊のツェレ(Celle)旧市街にある、切妻(きりづま)屋根の石造の建物。伝統的な木組みの美しい家々が軒を連ね、童話の世界のような光景が広がる一角にある。正面にはツェレ城、隣には、高さ74.5mの塔がある、白い外装のマリエン教会(市教会)がある。ツェレ中央駅からは約1.2km、徒歩で15分ほどの場所にある。14世紀ごろにゴシック様式の建物としてつくられ、16世紀末に現在のルネサンス様式の建物に改装された。地下には、ゴシック様式の内装のラーツケラーというレストランがあり、郷土料理が味わえる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツェレ市庁舎の関連キーワードツェレホルシュタインリューネブルクリューベックユーカシンベック病聖マリエン教会トラーベミュンデホルステン門シューベルト:12のドイツ舞曲(レントラー集)/piano solo

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone