コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェレ市庁舎 ツェレしちょうしゃ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ツェレしちょうしゃ【ツェレ市庁舎】

ドイツ北部、リューベック(Lübeck)やハノーバー(Hannover)近郊のツェレ(Celle)旧市街にある、切妻(きりづま)屋根の石造の建物。伝統的な木組みの美しい家々が軒を連ね、童話の世界のような光景が広がる一角にある。正面にはツェレ城、隣には、高さ74.5mの塔がある、白い外装のマリエン教会(市教会)がある。ツェレ中央駅からは約1.2km、徒歩で15分ほどの場所にある。14世紀ごろにゴシック様式の建物としてつくられ、16世紀末に現在のルネサンス様式の建物に改装された。地下には、ゴシック様式の内装のラーツケラーというレストランがあり、郷土料理が味わえる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ツェレ市庁舎の関連キーワードタイ・プレミアムリーグFLQ岩政大樹ケベック解放戦線ケベック旧市街の歴史地区リコーダーケベック州ケベックケベック(市)岩政大樹

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android