コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツクバネガシ(衝羽根樫) ツクバネガシQuercus paucidentata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツクバネガシ(衝羽根樫)
ツクバネガシ
Quercus paucidentata

ブナ科の常緑高木で,中部より西の本州,四国,九州の山地に生じる。高さ 10mほどで枝は灰色,よく分枝する。若枝新葉の裏に黄褐色の軟毛が密生するが,すぐに脱落して無毛となる。葉の裏は白くならない。葉の長さ6~10cmで先はとがり,ほぼ全縁であるが,上半部にわずかに低い鋸歯がある。秋に長さ 1.5cmほどのどんぐりを生じ,その袴 (殻斗) には短毛が密生している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツクバネガシ(衝羽根樫)の関連キーワードブナ科

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android