コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どんぐり

百科事典マイペディアの解説

どんぐり

ブナ科コナラ属植物の果実のうち,果皮が堅く,熟しても外皮が裂けず,下方が総包殻斗(かくと),いわゆるお椀)に包まれるものの総称。熟すと総包から離れ,地面に落ちる。
→関連項目カシ(樫)カシワ(柏)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

どんぐり

カシ(樫)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

どんぐり
どんぐり / 団栗

コナラ、ミズナラ、クヌギ、カシワアラカシ、シラカシなどの果実の総称。とくにクヌギの果実をさして使われる場合もある。これらの果実は堅果とよばれ、外側は堅い果皮で覆われ、熟しても裂開しない。果皮の中には1個の種子があり、種子は無胚乳(はいにゅう)である。この果実の下方は皿状あるいは椀(わん)状の総包が互いに癒合して生じた部分(殻斗(かくと))に包まれている。果実の形はクヌギ、アベマキ、カシワでは球形、シラカシなどでは広楕円(だえん)形、ミズナラなどでは卵状楕円形、アラカシ、ウバメガシでは楕円形、コナラ、マテバシイでは長楕円形をとるなど、さまざまである。熟すると果実は総包から離れ落ちる。古くから、どんぐりは、飢饉(ききん)のときになると、渋を抜いて食料とされてきた。[吉田 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

どんぐりの関連キーワード広島県山県郡北広島町都志見佐賀県佐賀市三瀬村杠愛知県豊田市武節町ドングリ・ドングラ櫟・椚・橡・櫪・檪いろいろどんぐりどんぐりちゃんどんぐりくんおばけの金太イベリコ豚トルナリア楢槲・楢柏どんぶりこ白樫・白橿エーコン管宮田 武彦いちいがしアカネズミどんちゃんタネボー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どんぐりの関連情報