コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブナ科 ブナかFagaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブナ科
ブナか
Fagaceae

双子葉植物ブナ目の1科。大部分が落葉性の高木で,北半球の温帯に広く分布し約 10属 600種以上が知られている。葉は単純な形の単葉で互生する。雌雄同株で,雄花は多数集って尾状花序をなし,個々の花は微細で花被はなく5ないし多数のおしべがある。雌花の子房には通常3本の花柱がある。果実は堅果で,総包で保護されている。種子には胚乳がなく,子葉が肥大している。ブナ,クリ,カシ (コナラ) ,シイマテバシイなどの各属が含まれ,また南半球には1属ナンキョクブナ属 Nothofagusがあってアンデス地帯,オーストラリア,ニュージーランドニューギニアなどに分布する。この科の樹木は大木となり,また純林をつくるものも多く,林業上重要な群である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブナ科
ぶなか
[学]Fagaceae

双子葉植物、離弁花類。落葉または常緑高木まれに低木。葉は互生する。雌雄同株。穂状または頭状花序をつくり、雄花は垂れ下がって尾状花序となるものが多い。花被(かひ)は4~7裂する。花柱は3または6本、子房は下位で3または6室。堅果は大きく、いわゆるどんぐりとなり、殻斗(かくと)(総包)で全部または下部を包まれる。世界にブナ、ミナミブナ、クリ、シイ、マテバシイ、ナラなど8属400種以上あり、日本にはクリやアカガシをはじめとして5属21種分布する。クリ、シイ、マテバシイの各属は虫媒花で、雄花序が斜上し、強い香気を放つ。気候が温暖で土質のよい地方に広く分布し、森林の優占種になる。林は土壌の生成や改良、果実は家畜の飼料、材は家具材をはじめ多くの用途がある。北半球各地で狩猟生活、それに続く農耕文明の発展に大きな役割を果たしてきた。[萩原信介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブナ科の関連キーワード沖縄裏白樫真手葉椎馬刀葉椎全手葉椎馬手葉樫伊知比黄金柏馬手樫伊智比西洋栗稜胡桃殻斗科欧州橅楢柏木尻深樫薩摩椎中国栗日本栗甘栗可新

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブナ科の関連情報