コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殻斗 かくとcupule

翻訳|cupule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殻斗
かくと
cupule

包葉が集り,癒合して形成する状あるいはまり状の器官をいう。いわゆる「どんぐり」の椀,クリいが burなどがそれで,ブナ科の植物にみられる。この殻斗に抱かれて着生した果実を殻斗果 acornという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かく‐と【殻斗】

ナラクヌギシイクリなどブナ科植物の、実の一部または全部を覆う椀(わん)状・まり状のもの。ドングリのお椀、クリのいがなどで、総苞(そうほう)の変形したもの。これをもつ果実を殻斗果、ブナ科を殻斗科ともいった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かくと【殻斗】

ブナ科植物の子房を包んでいる苞葉の集まり。袋状や椀状で、堅果の基部または全体を覆う。俗にいうドングリのお椀・はかま。クリの毬いがもこの一種。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の殻斗の言及

【実】より

…カサスゲのように果皮が薄く種皮と離れているものを胞果utricule,イネのように果皮と種皮が合着しているものを穎果(えいか)caryopsisと呼ぶ。堅果(けんか)nutはクリ,ドングリ類,ハシバミのように比較的大型の堅い果皮をもつ実であるブナ科の堅果の基部にある椀状体(クリのいが,ドングリ類の皿)を殻斗(かくと)と呼ぶ。分離果schizocarpは一つの実に複数の種子が入っているが,それぞれは分離して,分果mericarpをなす。…

※「殻斗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

殻斗の関連キーワードツクバネガシ(衝羽根樫)マテバシイ(馬刀葉椎)シラカシ(白樫)ミズナラ(水楢)ナンキョクブナコナラ(小楢)ツクバネガシクヌギ(櫟)カシワ(柏)ウラジロガシバラノプスナラガシワイチイガシマテバシイハナガガシカシ(樫)ナラ(楢)アベマキアカガシ小楢・枹

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android