コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツグチガイ Primovula rhodia; rosy ovula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツグチガイ
Primovula rhodia; rosy ovula

軟体動物門腹足綱ウミウサギ科。高 2cm,殻径 0.9cm。殻は卵形で下方へ少し細くなり,やや薄質であるが堅い。内巻きで螺層は現れない。殻表は通常紅橙色で,上下部を除いて平滑で光沢がある。殻口は下方へやや広くなり,外唇は内方へ曲って厚くなり,ゆるやかに彎曲する。内唇は後溝の基部に厚い滑層瘤があり,軸唇の下方は水管溝となる。殻をおおう外套膜は多数の小さい黒斑と白色の乳頭突起がある。北海道南部から九州に分布し,イソバナ類の上にすみ,そのポリプを食する。殻の色は着生している宿主の色に対応しており,黄色のイソバナにつくものは黄橙色に,紫色のフトヤギ類につくものは赤紫色となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツグチガイの関連キーワード寄生貝類

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android