コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルデンダ Polystichum craspedosorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルデンダ
Polystichum craspedosorum

オシダ科の小型の常緑性シダ植物。石灰岩地を好むが,ほかの岩面や土の上にも生える。アジア東部に分布し,北海道から九州まで広く群生する。は長さ 15~30cmぐらいで,四方へ開出し基物に接するように伸びる。葉の先端部で中軸が長く伸びて,その先端で不定芽を出して繁殖する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルデンダ
つるでんだ / 蔓連朶
[学]Polystichum craspedosorum (Maxim.) Diels

オシダ科の常緑性シダ。根茎は短く斜上し、そこから単羽状の葉を束生する。羽片は浅裂して、辺縁に胞子嚢(のう)群をつける。葉身は岩面を覆うように広がり、葉軸の先が伸長して先端に無性芽をつける。山地林下のやや暗い湿った場所の岩上に着生する。北海道から九州にかけて広く分布する。[栗田子郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツルデンダの関連キーワードオシダ科無性芽

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android