コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルリンドウ(蔓竜胆) ツルリンドウTripterospermum japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルリンドウ(蔓竜胆)
ツルリンドウ
Tripterospermum japonicum

リンドウ科の多年草。アジア東部の温帯に広く分布し,日本各地の山地の木陰などに生える。茎は紫色を帯び長さ 30~60cmあって,地に伏したり,他物にからまって伸びる。葉は対生し,長さ4~8cmの長卵形で3本の脈が目立つ。秋に,葉腋淡紫色の花をつける。花冠は長さ 3cmほどの鐘形で先は5つに分れる。花後に紅紫色で球形の液果を結ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツルリンドウ(蔓竜胆)の関連キーワードリンドウ科

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android