コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティチト・ワラタ遺跡 ティチト・ワラタいせきTichitt Walata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティチト・ワラタ遺跡
ティチト・ワラタいせき
Tichitt Walata

モーリタニア,アタール南東にある新石器時代の遺跡。前3千年紀のものとされている。 1968年に調査され,集落跡が明らかにされている。土器,打製磨製石器などもあり,この地域の新石器文化の内容が解明されたが,最も注目すべきことは,この地域にしかみられないトウジンビエの一種の穀物が多量に出土したことである。これは栽培されていたことが明らかで,この地域独自の農耕が地域の植物を利用してなされたことを示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ティチト・ワラタ遺跡の関連キーワードモーリタニア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android