コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティチト・ワラタ遺跡 ティチト・ワラタいせきTichitt Walata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティチト・ワラタ遺跡
ティチト・ワラタいせき
Tichitt Walata

モーリタニア,アタール南東にある新石器時代の遺跡。前3千年紀のものとされている。 1968年に調査され,集落跡が明らかにされている。土器,打製磨製石器などもあり,この地域の新石器文化の内容が解明されたが,最も注目すべきことは,この地域にしかみられないトウジンビエの一種の穀物が多量に出土したことである。これは栽培されていたことが明らかで,この地域独自の農耕が地域の植物を利用してなされたことを示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ティチト・ワラタ遺跡の関連キーワードモーリタニア

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android