コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティッシュバイン家 ティッシュバインけ Tischbein

1件 の用語解説(ティッシュバイン家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティッシュバイン家
ティッシュバインけ
Tischbein

ドイツ,ヘッセンの画家一族。 18世紀から 19世紀にかけて 20人以上の画家を出した家系で,J.H.W.ティッシュバインのほか,彼のおじでカッセルで宮廷画家として活動,A.ワトーや F.ブーシェの影響を受け,ロココ様式の肖像画,神話的主題の作品を多数制作したヨハン・ハインリヒ・ティッシュバイン (1722~1789) や,ヨハン・ハインリヒの甥でワルデック,ライプチヒで活動したロココから古典主義への過渡期の肖像画家のヨハン・アウグスト・フリードリヒ・ティッシュバイン (1750~1812) らを輩出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティッシュバイン家の関連キーワードカッセルドイツ騎士団ビュヒナーヘッセマールブルクヘッセンドイツパンの日ティシュバインビバリーニ家《ヘッセンの急使》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone