ティリ(読み)てぃり(英語表記)Graf von Tilly Johann Tserclaes

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティリ
てぃり
Graf von Tilly, Johann Tserclaes
(1559―1632)

三十年戦争時代のドイツの旧教派の将軍。初めはネーデルラントでスペインのためにオランダ軍と戦い、1610年バイエルンの司令官に就任、三十年戦争勃発(ぼっぱつ)後は旧教派の軍事的指導者の役割を果たした。20年フリードリヒ5世のボヘミア軍をワイサーベルクに大敗させ、デンマーク王クリスティアン4世の参戦後の26年、その軍をルッターに破り、30年ワレンシュタインの罷免後は皇帝軍総司令官となった。31年スウェーデン王グスタフ・アドルフとブライテンフェルトに戦って敗れ、ついで32年レヒ河畔の戦いで再度敗北、重傷を負って死亡。厳格な将軍で、「甲冑(かっちゅう)を着た修道僧」とよばれた。[中村賢二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android