コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティルバッルバル Tiruvaḷḷuvar

世界大百科事典 第2版の解説

ティルバッルバル【Tiruvaḷḷuvar】

南インド,タミル文学の代表的古典《クラルKural》の著者。5世紀ころの人。生没年不詳。機織階層出身のジャイナ教徒であったとみられる。《クラル》は1330詩節から成る箴言集で,インド人が掲げる人生の三大目標〈徳〉〈富〉〈愛〉を題名とする3章から構成されている。第1章〈徳〉は,一般の人々が従うべき道徳を述べたもので,女性に比較的高い地位を与えている点に特色がある。第2章〈富〉は,王,大臣など権力者の政治倫理を説いたもので,サンスクリットの政治書と異なり,奸計のない公正な統治を唱導している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ティルバッルバルの関連キーワードティルクラル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android