ティルバッルバル(英語表記)Tiruvaḷḷuvar

世界大百科事典 第2版の解説

ティルバッルバル【Tiruvaḷḷuvar】

南インド,タミル文学の代表的古典《クラルKural》の著者。5世紀ころの人。生没年不詳。機織階層出身のジャイナ教徒であったとみられる。《クラル》は1330詩節から成る箴言集で,インド人が掲げる人生の三大目標〈〉〈〉〈愛〉を題名とする3章から構成されている。第1章〈徳〉は,一般の人々が従うべき道徳を述べたもので,女性に比較的高い地位を与えている点に特色がある。第2章〈富〉は,王,大臣など権力者の政治倫理を説いたもので,サンスクリットの政治書と異なり,奸計のない公正な統治を唱導している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android