コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力点 リキテン

デジタル大辞泉の解説

りき‐てん【力点】

てこの原理を応用した道具で物を動かすときに力を加える所。→支点作用点
重視する所。主眼。「機能に力点を置いた設計」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りきてん【力点】

梃子てこで物を動かす時、力を加える所。 → 支点作用点
力を入れる所。主眼となる点。 「民衆に-をおいて歴史を書く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

力点の関連キーワード厚生労働省検討会の終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン案マイクロクレジット(少額融資)北大西洋条約機構(NATO)スティーブン ゴールディンペチョライルイチ自然保護区ロマンス(文芸用語)自由ドイツ労働総同盟山口情報芸術センターてこばかり(梃子秤)トーションバランスてんびん(天秤)プロレタリア革命国民党[スイス]タイの新憲法案人間開発報告書フォースアーム自由民主主義マツダ[株]コミュニティてこ(梃子)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

力点の関連情報