コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テイオウゼミ(帝王蟬) テイオウゼミPomponia imperatoria

世界大百科事典 第2版の解説

テイオウゼミ【テイオウゼミ(帝王蟬) Pomponia imperatoria】

半翅目セミ科の昆虫。世界最大のセミで,体長7~8cm,前翅の開張は20cmを超えることがある。分類学的にはヒグラシに近縁な仲間で,形もそれを大きくしたようなセミである。体は淡褐色の地に黒紋を有し,翅は透明。前翅の脈上には暗色紋があり,翅底膜は橙色。雌の産卵管は腹端より突出しない。マレー半島だけに分布し,山間部に局所的に産する。雄は電灯によく飛来する。夕方遅くから夜にかけて鳴くらしい。テイオウゼミの仲間はほかに3種が知られ,いずれも大型種である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android