コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオデュルフ Theodulf; Theodulfus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオデュルフ
Theodulf; Theodulfus

[生]750頃.カタロニア?
[没]821頃.アンジェ?
フランク王国の代表的神学者,詩人。カルル大帝に見出され,775年オルレアン司教。 781年フルリ大修道院長。カルルの死後,陰謀加担のかどでルイ1世に捕えられ,修道院に幽閉された。旅人や貧者のために救護施設をつくり,多くの聖堂を建立,再建した。詩人としてもすぐれ,『カルル大帝に寄す』 Ad Carolum Regem,枝の祝日に歌われる『栄光と賛美と栄誉』 Gloria,laus et honorを残しているほか,修徳,神学に関する著作がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テオデュルフの関連キーワードカルル大帝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android