コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオデュルフ テオデュルフTheodulf; Theodulfus

1件 の用語解説(テオデュルフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオデュルフ
テオデュルフ
Theodulf; Theodulfus

[生]750頃.カタロニア?
[没]821頃.アンジェ?
フランク王国の代表的神学者,詩人。カルル大帝に見出され,775年オルレアン司教。 781年フルリ大修道院長。カルルの死後,陰謀加担のかどでルイ1世に捕えられ,修道院に幽閉された。旅人や貧者のために救護施設をつくり,多くの聖堂を建立,再建した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テオデュルフの関連キーワードターヒル朝災害と税石上乙麻呂山田敦彦アラブ文学アラビア文学イスラム文化グライダー競技西アジア史2006年全国映画概況

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone